PR

ハイランダーのダウンシュラフを3年使った感想

「ダウンシュラフが欲しいけど高価過ぎて手が出ない…」

そんなあなたにおすすめなのがハイランダーのダウンシュラフ

ダウンシュラフなのに1万円を切ります。さすがはコスパ高いことで有名なブランド、ハイランダーですよね!

我が家はハイランダーのダウンシュラフを「400」と「600」の2種類購入しました。

購入して2年以上経過しているので改めてレビューを書きたいと思います。2年以上使った経験を踏まえて、「メリット」「デメリット」「400と600どっちを買えばいいのか?」など、これから購入を考えてる方の参考になれば!

ハイランダーのダウンシュラフのメリット

ハイランダー・ダウンシュラフのメリット、なんと言っても1番は信じられないくらい価格が安いことですよね!

「ダウンシュラフ400」と同じ使用下限温度5℃で他メーカーと比較してみます。

ハイランダー
400
NANGA
オーロラ350STD
Naturehike
CWZ400
9,999円29,700円12,990円

有名メーカーNANGAと比べれば3分の1の価格、他のコスパ高いメーカー製のですらやはり1万円以上します。

やっぱりダウンシュラフで1万円を切る価格は破格ですね!

驚く程コンパクト!

ダウンシュラフは普通の化繊の寝袋に比べると驚くほどコンパクトです。それまで普通の寝袋しか見たことのなかったので「これが本当に寝袋…!?」と驚愕したぐらいです。

キャンプをはじめた当初は化繊の寝袋を使っていました。でもその化繊の寝袋が荷物の割合をかなり占めていることに気付き、ダウンシュラフに買い替えを決意。

寝袋をダウンシュラフにしたおかげで、お気に入りの道具あれもこれも車に載せられるようになりました。ダウンシュラフに買い替えてホウン等によかったー!

片手でひょいと持ち上げられるサイズと重さ、持ち運びも本当にラクです。

包まれてあったかい

ダウンシュラフは家で使ってる羽毛布団と同じくふわふわ。顔周りがすっぽりおさまるので、温かさは段違いです。

我が家では夏以外、3シーズン使えています。夜はちょっと肌寒い春と秋のキャンプにはピッタリだし。冬キャンプも下に電気毛布を敷けば大丈夫です。

ハイランダーのダウンシュラフのデメリット

化繊の寝袋に比べると値段が高い

ハイランダーのダウンシュラフ、ダウンシュラフの中では段違いに安い1万円を切る価格。

ですが普通の化繊の寝袋に比べたらやっぱりお高い。化繊の寝袋なら1個3~5千円で購入できますからね。

でもダウンシュラフのコンパクト性には値段以上の価値があります。我が家は値段が高くてもダウンシュラフを選択してよかったです。

袋に収納するのに時間がかかる

ダウンシュラフは袋に入った状態だととってもコンパクトですが、袋から出すと巨大に膨らみます。人間1人が寝るわけですから、そりゃそうですよね~。

ということはどういうことかというと…、

この小さな袋に再び入れ直すのがたいへん~

ま、やるしかないのでやりますけども!(笑)

夫はこの手の作業が苦手なのでだいたい私が担当です。コツは、ちゃんと畳まずにとにかく押し込むこと!袋のサイズにたたんでから入れても、結局入れてる最中にバラけるので意味が無いのです。

レッツトライ!

ハイランダーのダウンシュラフ600と400どっちにする?

ハイランダーのダウンシュラフには「150」「200」「400」「600」「800」と種類があります。

我が家はそのうち、「400」と「600」の2種類を保持しています。

ダウンシュラフ
400
ダウンシュラフ
600
使用下限温度5℃0℃
適した季節春~秋におすすめ春先・初冬におすすめ

3シーズン(秋・冬・春)使えるこの2つで迷っている方が多いのではないでしょうか?そこでこの2つを比較してみたいと思います。

収納サイズ

まず収納サイズはほぼ変わりません。600の方がほんの少し大きいですが、言われなければわからないくらいの差です。

見た目の差

次に袋から取り出した見た目。

600の方が若干カーキ色が強く、400の方がブラウン寄りです。これは完全に好みの問題。

温かさ・長く使えるのはどっち?

やっぱり羽毛量が違うだけあって400の方が薄く、600の方が厚みがあります。

しかし、目を閉じてどっちがどっちか当てられるかというと、わからないです。

「差はあると言えばあるけれど、大きな差は無い」と思うのが正直なところ。

我が家は暑がりな息子が400,若干寒がりな夫が600を使っています。同時に使って、特にどちらかが不自由したことはないので、結論としてはどっちでもいいかと。

あとは服装で調節するのが正解だと思います。

強いて言うなら、

値段重視 ⇒ 400

寒がり ⇒ 600

というところではないでしょうか?

まとめ

ハイランダーのダウンシュラフはコンパクトでコスパ抜群!

我が家の車の積載スペースに余裕を持たせてくれた立役者です。

荷物の量を減らしたい、ダウンシュラフが欲しいけどなかなか手が出ない、そんな方には超絶おすすめ!

我が家が使ってるハイランダーダウンシュラフ600です。

400は人気のため売り切れ。現在購入できるのはダウンフェザーシュラフのみとなっています。

私と娘はColeman(コールマン)の2in1寝袋を使っています。詳しくはこちらの記事をお読みください。

ファミリー向け寝袋の選び方についてはこちらの記事に詳しくまとめています。これから寝袋を購入する方はぜひ参考にしてください。